活人坐禅 日課

【第一日目】
十五時活人禅寺 庫裏に集合。名簿に氏名・連絡先を記入(急病や怪我の場合の為)。
師家、直日ないし侍者から、禅会の説明。
持鉢、箸、聖典を預けます。布巾2枚は持参してください。
十六時坐禅 三炷(一炷40分)、雨以外は山内経行あり。これより“無言”。
安単後、柝一声引磬三声で止静
十九時庫裏食堂から雲板五声。柝の連声。直日が大衆を雁行にて食堂へ引く。
薬石(夕食)。ご飯・両忘汁、煮物・沢庵。柝一声で静かに戴く。
食後、洗鉢水にて各自持鉢の始末。小休止。
二十時坐禅(一炷、残香一炷)
二十一時坐禅終了
布団下ろし(単の坐布を布団と入れ替える)
開枕(明かりを落として床に着く)
開浴(入浴)ないし庫裏茶礼、夜坐(野坐)、車座(談義)、講席。
二十三時禅堂へ戻る(夜坐は解静まで随意)
 
【第二日目】
五時開静(起床)。振鈴連声。
布団を片付けて坐布を置く。
洗面・東司。
五時半日天掃除(堂内)
六時坐禅(一炷・残香)
七時粥座(朝食)
粥・漬け物。柝一声で般若心経、食事偈文(食前のことば)を唱和。
小休止(茶礼)
八時坐禅(三炷)
十時日天掃除 東司・禅堂・各お堂、庭などの清掃、草刈、不要品・小枝の始末。
十一時半斉座(昼食)
うどん供養。
十二時作務
十五時解散

戻る

活人禅宗・両忘活人禅会